スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

痙攣重責

マイサンが入院しました。



もう退院したけどね


7日月曜日、朝7時20分ごろ。
前の日にうちの実家に行って大はしゃぎだったマイサン
ちょっと咳が出てきたな~というくらいで、普通に就寝。で、朝も咳でぐずっていて、布団でごろごろしてたんだよね。
その間に洗濯を干し。
やけに静かだな~と戻ってみると…


布団であおむけになって眼振してました…(゚ロ゚;)

こ、これはとうとう来たか…?!てんかん発作なんじゃね??!
慌てて見やすい広い場所において、観察。
右から左に眼振、腕が少しぴくぴくしている。
若干苦しそうな息。チアノーゼはなし。

洗濯干してた時間も考慮して即病院に電話。
状況を説明、救急車よんでくれとのこと。この時ちょうどスタが夜勤から帰宅、救急呼んでもらう。

来るまで結構時間がかかって、その間にマイサンの腕の痙攣が酷くなり、やっとこ到着。
この時点でもう15分ぐらい過ぎていた。

救急車内で処置、なかなか発車してくれない。
どんどんひどくなる痙攣、そしてよだれが泡となって出てくるように…
呼吸も弱くなり、気道確保の上アンビューバッグで酸素を送る状態。
やっと動き出して到着したのは8時過ぎて…この時点で40分以上痙攣していることになる。

なんとか病院での点滴の処置で痙攣は止まってくれた。
でも時間が長いのでいろいろな検査ののちに入院することに。

スポンサーサイト
[ 2016/11/17 21:27 ] 病院 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。